令和2年2・3月

コロナウイルス感染症の拡大で学校が休校になり、院生の間にも衝撃が走りました。学校ではどのような対策が取られるのか、自分には何ができるのか、GIGAスクール構想がもう少し早く始まっていれば子どもと繋がりながら学習を進められたかも・・・など、色々な思いがあります。子どもたちのためにも、早めの収束を願ってやみません。

大学にも影響はありました。M2の成果報告会が中止になり、学位授与式も中止が決まりました。また、3月に行われる様々な地域での研修会、研究会が中止になり、出会いの場・学びの場が狭まってしまいました。

コロナウイルス感染症の影響が出る前の2月初旬に、M2の最終口頭試問が行われました。また、中旬にはM1の報告会が行われました。後期に行ったミニアクションリサーチと今後のアクションリサーチについての報告です。現職にとってのアクションリサーチは、自分の資質向上のためではなく、学校改善を考える機会となっています。4月から本格的に研究がスタートするので、3月は準備に追われています。

【M1ストマスの声】

私は、中学校の保健体育の教員を目指しています。この一年は、無事教員採用試験にも合格することができ、本当に得るものが多く、充実した一年になりました。

さて、その一年の学びを振り返り、発表する一年次報告会が先日行われました。私は、学部時代から取り組んできたテーマをより深めていくようなアクションリサーチを行なっています。 当日は、M2の先輩方や、先生方から自分が行ってきたアクションリサーチに対してたくさんのご意見をいただくことができました。 自分だけでは気づけなかった点や、考えられなかった方法についても知ることができました。ここで得た意見を参考にして来年度のアクションリサーチにつなげていきたいと思います。

2月中旬の一年次報告会の様子。持ち時間は一人25分(説明15分、質疑応答10分)。 M2と教授からたくさんのアドバイスをいただきました。