令和2年2・3月

コロナウイルス感染症の拡大で学校が休校になり、院生の間にも衝撃が走りました。学校ではどのような対策が取られるのか、自分には何ができるのか、GIGAスクール構想がもう少し早く始まっていれば子どもと繋がりながら学習を進められたかも・・・など、色々な思いがあります。子どもたちのためにも、早めの収束を願ってやみません。

大学にも影響はありました。M2の成果報告会が中止になり、学位授与式も中止が決まりました。また、3月に行われる様々な地域での研修会、研究会が中止になり、出会いの場・学びの場が狭まってしまいました。

コロナウイルス感染症の影響が出る前の2月初旬に、M2の最終口頭試問が行われました。また、中旬にはM1の報告会が行われました。後期に行ったミニアクションリサーチと今後のアクションリサーチについての報告です。現職にとってのアクションリサーチは、自分の資質向上のためではなく、学校改善を考える機会となっています。4月から本格的に研究がスタートするので、3月は準備に追われています。

【M1ストマスの声】

私は、中学校の保健体育の教員を目指しています。この一年は、無事教員採用試験にも合格することができ、本当に得るものが多く、充実した一年になりました。

さて、その一年の学びを振り返り、発表する一年次報告会が先日行われました。私は、学部時代から取り組んできたテーマをより深めていくようなアクションリサーチを行なっています。 当日は、M2の先輩方や、先生方から自分が行ってきたアクションリサーチに対してたくさんのご意見をいただくことができました。 自分だけでは気づけなかった点や、考えられなかった方法についても知ることができました。ここで得た意見を参考にして来年度のアクションリサーチにつなげていきたいと思います。

2月中旬の一年次報告会の様子。持ち時間は一人25分(説明15分、質疑応答10分)。 M2と教授からたくさんのアドバイスをいただきました。

令和2年1月

後期の授業は2月初旬で終わり、集中講座が始まります。1月は後期講義の終盤で、まとめの発表やレポートが多い月でした。

さて、M2は1月末に、担当教授に成果報告書を提出しました。2年間の研究の集大成である成果報告書は分厚く、丁寧にファイルに入れられていました。今後は口頭試問と成果報告会があり、緊張は続きます。

【M1ストマスの声】

高校理科の教員を志望しているのYです。今年度は教員としての資質・能力、学習科学、心理学の一端、データの分析方法等多くのことを学んだ一年間でした。大学の講義や本を読み学ぶだけでなく、様々な機会で実践することで有意義な学びができたと感じています。

さて、我々M1は2月に1年次報告会が行われます。報告会では、1年次に行ったミニアクションリサーチの報告と、2年次に行うアクションリサーチの提案を行います。私は「授業を通して思考力を育む」という目標を掲げ、課題を探るために高等学校で3ヵ月ミニアクションリサーチを行わせていただきました。研究のための課題がいくつも見つかる意味のある実習になったことはもちろん、他にも多くの学びをさせていただきました。自分ひとりで授業を組み、実践する、という経験を重ねることができ、教職の一端に触れることができたと感じます。実習校の生徒は話をよく聞き、活発に活動をしてくれるため、授業がとてもやりやすく多くのことに挑戦できました。

現在私は、ミニアクションリサーチの反省と分析を行っています。大学院での学びを生かした授業の深い反省ができ、とても勉強になっています。自分の授業を根拠をもって評価することや、目指す教師像を明確にすることができました。教員として頑張りたい、という思いもますます強くなる実りのある時間を過ごすことができています。

現在行っている学びが今後一生の財産となり、自身のための深い学びとなるように、今後も頑張ります。

特別支援領域「特別支援教育における授業作り」での模擬授業の様子
生徒指導支援領域「学級経営の実践と課題」 高1クライシスについての発表

令和元年12月 

師走です。学校では教員が走っています。大学院生は静大の坂を精神的な焦りを伴いながら走っています。M1は初めて取り組む研究の「迷いの森」に突入している人が多く、M2は成果報告書の執筆に追われています。

12月もアクティブな授業が多く、そのうちの2つを紹介します。一つ目は、生徒指導支援領域の講義『子ども同士の人間関係を作るグループアプローチの開発』。 教授が高校で道徳の授業を行い、大学院生がファシリテーターとしてグループに入りました。「臓器移植・臓器提供」について高校生が活発に話し合う中、ファシリテーターがどう舵取りをするか。中立な立場を貫きながら、生徒たちの相互作用を促進することの面白さと難しさを考える機会となりました。

もう一つは、教育方法開発領域の講義『授業分析と校内研修の新たな展開』。グループ活動による建設的相互作用はどう生まれるか。与えられた難易度の高い課題(数学)を、院生が実際にグループで解いている時の発話を録音し、それを分析、そして発表。理解が深まる人と、理解が低いままの人の違いを、自分たちの会話から自分たちで発見できたことの学びは大きかったと思います。発見の例としては、解に結び付く過程を、自分の言葉で言い直せる人は理解が深まるが、「なるほどね」などの同調だけの人は理解が深まらなく分かったつもりで終わってしまう。解にたどり着かなくても、色々なパターンを考えたグループの理解度や定着は高い、等があります。この発見を学校現場でどう活用するか、院生の課題です。

【M1ストマスの声】

12月上旬に、生徒指導支援領域の実習があり、A中学校へ行かせてもらいました。A中学校に進学する4校の小学6年生が集まり、交流を深める会に参加するためです。児童たちはジェスチャークイズやダンスを通して、役割分担や表現方法などをグループで考えました。知らない児童同士がグループになるので初めは緊張していた様子でしたが、活動を通して表情が柔らかくなり、終わる頃には新しい友達ができて嬉しそうな姿が印象的でした。小中連携やファシリテーターの役割・方法を学ぶことができ、充実した実習でした。

「学級経営の実践と課題」の講座。小・中・高特でグループになり、課題と実践について発表しています。

2019日本教職大学院研究大会での成果発表

12月7・8日、本大会にて学校組織開発領域2年生8名が、ポスターセッションにて共同研究の成果を発表しました。まず、個人研究と並行して共同研究に取り組んでいることに関心が寄せられたほか、今年度から教職課程に必修化された「学校安全」に関する研究がタイムリーだと注目されました。作成したリーフレット「学校事故の未然防止に向けた、校内研修プログラムのデザイン」を基に、参観の皆様と活発なディスカッションを繰り広げ、院生にとって収穫の多い研究大会となりました。

また、武井敦史教授と町岳准教授は、実践研究成果発表において「教職大学院10年の歩みとこれから」を報告しました。

静岡大学教職大学院の節目の年に教員・院生ともに発表の機会を持ち、気持ちは明日を見据えています。都会のクリスマスイルミネーションを鑑賞する暇もなく、一橋講堂を後にしました。

令和元年 11月

後期に入り、M1は大学講義と実習で忙しい毎日を過ごしています。実習先では、自分の研究テーマに合わせて個々が違う活動をします。例えば、教育方法開発領域は単元開発を行い、実習校で実践させてもらって様々なデータを収集し、その分析をします。普段は経験や勘で進めていくことを、データによって視覚化したり、分析結果を理論と当てはめながら教職員大学院のコンセプトである「理論と実践の往還」を行います。

実習期間はそれぞれ違いますが、2~3週間ずっと実習校にいる人もいれば、週1で行く人もいます。そのため、M1が全員揃う日が急に少なくなった11月でした。そんな中、学校組織開発領域の現職M1が、海外のフォーラムで発表する機会がありました!そのグローバルな様子をお届けします。

【現職M1がESD国際フォーラムで発表!】

11月12日・13日、インドネシアのジャカルタにあるガジャ・マダ大学(Universitas Gadjah Mada: 通称UGM)で、ESD国際フォーラムがありました。現職M1が、所属小学校で実践したオリンピック・パラリンピック推進教育について発表しました。「練習してきた英語での発表で伝わるのか不安でしたが、UGMの学生が興味を持ってくれました。」質問もいくつか出たようで、発表は大成功だったようです。(その他の実践発表は、開発と観光を結び付けたものや、地震後の復興など様々。)

フォーラムの前後ではジャカルタの村を訪れたり、小中校一貫校での持続可能な農業の時間を見るなど、貴重な体験がたくさんあったそうです。1週間のジャカルタ滞在を経て、次のような感想を伝えてくれました。

「グローバル社会において、やはり言語力=英語力の必要性を痛感しました。また、他国の教育の現状や考え方を知ったり、教育現場を実際に視察したりしたことで、これまでよりも視野が広がったと感じます。日本は今後ますます多文化共生の社会になっていくので、他国の文化を持った人の多様性に対応できるように私自身がなりたいのと思うのと同時に、関わる子どもにも同じような力を育んでいくようにしたい。そのためには、他国の文化等を肯定的に受け止め、理解しようとしていくことがやはり大切なのだと感じます。」 

令和元年 10月

後期の講義が始まりました。前期とは異なり、全領域共通の授業が減るため、全員が顔を合わせる機会が少なくなります。領域別の授業では、自分とは別の領域の授業も受けることができます。専門性が高い内容になり、深く学ぶことができます。また、実習が始まったので、それぞれの研究と向き合いながら、忙しい日々を過ごしています。

10月23日にM2の中間まとめ発表がありました。研究課題の背景や、目的と方法、1年やってきた成果、そして今後の課題について発表し、教授や他の院生から助言をいただきました。M2は大学院生活の8割が終わり、残り5か月となりました。現場に戻って生かせる研究内容とするために、それぞれ全力を尽くしている所です。

M2の中間まとめ発表の様子

【ストマスの声】

10月1日に教員採用試験の結果が発表されました。私は2つの県を受けて、両県とも合格することができました。現職の先生たちの支援や教授たちの手厚い面接練習のおかげです。感謝するにしきれません。

8月末から週1で非常勤講師をさせていただき、大変勉強になっています。10月からは非常勤講師として、そして実習として週に1回ずつ同じ学校に行かせていただいています。研究を進めつつ、授業準備やレポートもあるため忙しいのですが、充実した日々を過ごしています。授業を自分を行うようになって、授業の難しさ、楽しさと大切さを学びました。授業後は毎回反省ばかりで落ち込みますが、現職の先生にたくさん相談してレベルアップしたいと思います!

令和元年 8・9月

8月前半で前期の講義は終了。ほっとしている時間もなく、すぐ集中講義が始まります。集中講座は、授業と学習のメカニズム、子ども理解、教育実践研究方法論、カリキュラム経営。Society5.0での学校の在り方、教育心理の理論、統計学、カリキュラムマネージメントなど、様々なことを学びました。また、基盤実習にも行き、高校の総合の学習の時間の取り組みを見せていただいたり、静岡県総合教育センターの長期研修員と交流をさせていただきました。

 9月に入ると、M1は実習の準備で忙しくなります。10月から実習が始まるので(人によっては9月から)、ゼミを通して、又は担当教授と何度も面談をしながら準備をします。実習先は人それぞれで、所属校に行く人もいれば、他校に行く人(複数校の人もいる)、センターで受け入れていただく人もいます。それぞれの研究を深めるために、観察をさせていただいたり、実践をさせていただいたり、提案させていただいたりします。M2で実習は本格的になり、成果報告書を提出して卒業となるので、現在のM2は執筆しながら実習に行くという多忙な毎日を送っています。

 【現職M1の声】

 毎日の電車・バス通学には慣れたが、バス停から教育棟までの徒歩はまだ慣れない。バス停から院生室まで7分間、坂を歩き続ける。この徒歩のお陰で運動不足にはならないが、夏は汗が噴き出してくるので大変だ。院生の中には、毎朝着替える人もいるくらいだ。だが、院生室や教室は大変涼しい。クーラーが良く効いているので、一旦坂を上がり切ってしまえば快適な一日を過ごせる。

 院生同士はとても仲が良い。授業が終わっても、教室移動中や院生室で、授業内容の議論が繰り広げられる。小中高特別支援と、様々な見方から意見が出るのが特徴的で楽しい。研究のことなど、お互いに相談し合えるのも心強い。

仲間だけではない。目の前に、知恵や知見のある素晴らしい教授がいるというこの環境に、感謝せずにはいられない。

【9月の基盤実習先】

富士市立高校、静岡県総合教育センター

令和元年 7月

 7月も終盤にかかり、M1の授業はあと数日で終わります。この4か月、学校経営、授業方法論、特別支援教育、生徒指導の課題など、多くの授業を受け、実践と理論の往還をすることで知見を高めてきました。今は7~8本あるレポートの締め切りに追われながら、夏の個人研究につなげていく段階です。(8月に入るとすぐ集中講義が始まります)

 7月は大変充実した月でした。発表やレポートに向けて、院生同士の議論や学び合いが活発になりました。また、基盤実習では、浜松にある南米系外国人学校、ムンド・デ・アレグリアを訪問し、授業参加と参観をさせていただきました。また、熱い思いを持った創立者の校長先生から、日本にいる外国人労働者の子どもたちの教育の現状や、異文化共生など、多くを学ばせていただきました。

 清水江尻小学校ではコミュニティ・スクールの実践について学びました。今後、公立高校がコミュニティ・スクールになることで、どう地域と共に子どもを育んでいくか、たくさんのヒントをいただきました。

【M1 ストマスの声】

 7月の6、7日に静岡県の教員採用試験(1次試験)が無事終わりました。去年と違って、今年度は最強の味方である現職の先生たちの存在がかなり大きかったです。色々支援していただきました。例えば、教員の研修で使われる資料を参考に見せていただき、なんとその資料が教員採用試験でよく問われることが満載でした。また、自分で勉強しにくい指導方法についても試験によく問われます。自分で曖昧なまま答え合わせするのではなく、現職の先生から実践的な指導方法についても教えていただき、とても助かりました。「がんばって」と応援の気持ちを込めてお菓子をたくさんいただいたり、学習的な面だけでなく、心理的なサポートもしていただいき本当に感謝しかありません。結果はわかりませんが、こんなにも心強い味方がいてくれるので、いつかは受かると信じています。もしも1次合格できたら2次の面接練習をたくさんお願いしようと思ってます!

 6月の初旬に、授業の一環で校長インタビューをする機会がありました。なんとそこの学校には私が担当する教科の先生がいないため、9月から非常勤講師をお願いしたいというお話をいただきました!!運命を感じました。院生でありながら、授業を受け持つことができるのは本当に貴重な経験だと思います。生徒たちのためにも、自分のためにも全力で教材研究などの授業準備をして、全身全霊で取り組みたいです。

【7月の基盤実習先】

学校法人ムンド・デ・アレグリア(浜松の南米系外国人学校)

清水江尻小学校(コミュニティスクール)

★授業と学習のメカニズム:発話分析の発表★

約1か月かけて、中学理科の授業における生徒の発話を分析しました。そのグループ発表です。科学的思考力を深める発話がいかに生まれるか、様々な視点からの分析でした。